« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

WILLCOM D4

2月のイーモバイルに引き続き、主要3キャリア以外から興味深い端末が発表されました。

WILLCOM D4

何が興味深いって全てがもう興味深い。いくつか特徴を挙げると。

・Windows Vista SP1搭載
・Intel Atom プロセッサ搭載
・実質価格9万円

Vistaは皆さんご存知の通りあのVistaです。Atomってのは馴染みないですが、Pentiumとかと同じCPUの名称です。最近だとCore2Duoとか、あれの小型PC向けの最新型の名前がAtomです。価格も10万円弱。そう、これはもはや携帯かノートPCか分からないものになっているのです。というか下手なPCより速いかもしれませぬ。

そして個人的にイーモバと違う点。実家でも圏内。正直PHSだと思って舐めてました。公式から辿ってみると、実家から徒歩3分圏内に3本もアンテナがあるじゃないですか!恐るべしWILLCOM!

Felicaはさすがにないものの(搭載に金かかるんですって)、ワンセグもあり、データ通信機器としても使える。
が、ちょっと通信速度が遅い?ここ10年ぐらいPHSなんて興味なかったからさっぱりだったですが、1Mも出ないみたいですな。とはいえダイヤルアップに比べれば素敵ですがw

じゃ次は月額いくらになるんだろう・・・と思って調べて見て、ここで挫折。これはどのキャリアもそうですが、

料金が分かりにくいわ!

継続利用縛りと割賦販売のせいでもうわけがわからん、見てらんない。大体割賦とかわざわざあまり使われない言葉を使ってるところがいやらしい。店頭ではでかでかと

最新機種○○、新規価格69800円。24ヵ月ローンで月々いくら。

とかそういう表記にしろい。そうすれば苦情も減るだろうに。ってそんな客の文句は二の次か(笑

とまぁ最後は脱線しましたが、このD4、魅力的すぎるほど魅力的。小型のノートが欲しいなぁ~と漠然とは思っているのですが、最近大きな買い物していないので10万弱には腰が引ける・・・。会社も傾いてるしお金は大事だなぁw

最後のスパロボ

PS2的に。

その名はスーパーロボット大戦Z

据え置き新規参戦は

創聖のアクエリオン
超重神グラヴィオン
交響詩篇エウレカセブン
宇宙戦士バルディオス
超時空世紀オーガス
オーバーマン・キングゲイナー
+もう一つ

うっひょう、アクエリオンしか見たことないわ。グラヴィオン・ゲイナー・エウレカあたりはこれから見ておきますか?ってこんな思考の人間多そうだ。今週末レンタル行ったら借りられてたりして・・・ていうか

あれ、トップ2は?

orzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorz

残り1枠に願いをかけるも記事曰く「あと一つはかなり懐かしい作品」だとか。
もうアトムでも28号でもヤマトでも持ってこいってんだちくしょうめ。
ワタシ的予想をあげておくと残り1枠は

・ワタル
・レイアース

あたりだと考えとります。ビバップ・・・はないよなぁ・・・。

まぁ~ともかく据え置き版権スパロボの新作はZ!機種はPS2!秋ごろには遊べると嬉しいなぁ・・・

3年間待ったのだ

第三次スパロボαが発売されたのが2005年7月28日。

あれから3年。その間一度も据え置き版権物のスパロボは出ていない・・・。

それがついにこの金曜に行われるスーパーロボット大戦感謝祭2008、ここで新作が発表されるのだ!

本来ならこのイベント当日にタイトルも判明するのが筋ではあるが、早ければ明日、今週のファミ通のフライングゲットによる情報により出てくる可能性は大なわけで!

オラなんだかわくわくしてきたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおお

さーて今年の阪神は?

セリーグが開幕して3カードが終わりました。
我が阪神は一応一位で打率防御率ともに悪くない数字。しかしはっきりいって不安はぬぐえません。まず去年の応援する気をなくした原因を挙げて見ませう。

  1. どんでんの超采配
  2. 先発のふがいなさ
  3. シーツ・今岡・矢野・桧山

主だったのはこの3点。これらが今年はどうかと言うと・・・
まず1、監督続投で絶望もしたものですが、先発も長い回投げさせているし少しはよくなったかと思っていたんですが・・・。今日の試合を見ていてかなり不安に。理由は後述。
次に2、これは安藤、福原復活に井川の後継になりえそうな岩田など、結構改善されたと思います。そういえば金村はどこへ行った・・・
そして3、去年はここの打撃があまりにもあんまり。そしてこれが超采配のためスタメンからすら中々に外れない。もうほとんど自動アウト。抜けたのはシーツのみ・・・

で、今日の試合。去年先発をスパスパ交代させていたどんでんが今年はなかなかに代えず、お?と思っていたのも昨日まで。今日の福原をすぐに代えなかったのをみて、逆に今年は打たれても放置するんじゃなかろうかとすごい不安になりました。毎回先頭を出すわ、キレはないわでどう考えてもだめな福原だったのに代えない代えない。そしてゲームは壊れ8失点。今年もどんでん采配は頭が痛そうだ・・・。
そして今岡。お願いだから2軍で調整してください。守備は元々緩慢な上に自動アウトじゃもうね、ほんとに勘弁してください。赤星が1番復帰、2番平野もかなりいい仕事してくれて新井、金本と来てほぼ確実にここで切れる。あぁもうもどかしい。

とはいえまだ今年も始まったばかり。これがたかが3カードと出るか、されど3カードと出るか・・・。今年も生暖かい目で見るとしましょうか・・・。

世界樹2:世界樹の頂き・・・の一歩手前

遂に到達した30F。27-29Fのあまりの意地悪さに、矢でも鉄砲でも持ってこいやごるぁな気分で昇っては来ましたが、ここは何というかあまりひねりはない模様。FOEや隠し通路にばかり神経を尖らせ、地図を描くことに集中しながら全滅すること数回(ぉぃ で、ようやく気づいたことが、通常のザコエンカウントがない。どうやら扉を通った時にだけザコ最強の青い恐竜+その他1,2匹という組み合わせで戦闘が発生する仕組みでした。便宜上ザコ最強とは言いましたが、酷いスキルを持っているわけではなくただHPが多いだけで、3ターンあれば間違いなく倒せるというそんなレベルの敵なので全く脅威ではなく、それに気づいてからは精神的にも楽になり、FOE10匹以上に囲まれるところも数回の挑戦で抜ける道筋を発見し、さぁ次はどんな仕掛けだ、と最終階を舐めてかかったその時、奴は現われました・・・・・・。
その名はディノゲーター
あぁ、地図後半は違うのも出てくるんだ、と先の恐竜と同じように対応すると、彼の甘噛みでまずメディ子が死亡。ダメは軽くHPの倍。ザコにしてはえらく強烈な一発だなぁと思っている間にパラ子がガードしていたムチ子にも瀕死のダメージ、え?と思ったときにはパラ子と2撃目をもらったムチ子、ドク子がやられてました・・・。何がなんだかわからないうちにガン子だけになったPTに気が動転し、逃げられないことを知っていたはずなのに逃げるを選択、簡単に全滅。まさにポルナレフになった気分。あんな即死クラスの攻撃の連撃なんていうのは3竜やそれこそ真ボスが行ってくる行動なので、ザコ扱いの敵がやってきたことに理解するのに時間が掛かってしまいました。
後でwikiで確認したところによると、この鰐はこの扉後の戦闘で低確率で出現し、やはりというか3竜クラスの力をもったザコのようです。
これでこの迷宮の恐ろしさを再確認し、この鰐に会わないように願いながら挑戦すること数度、ようやく真ボスの間まで到達できました。
そしてご対面の真ボス始原の幼子(反転で表示)。ここまでの竜との戦闘、前作最下層ボスの強さからある程度予想はついていましたが、やはり3ターンと持ちませんでした。

これらの超強力ボスどもを倒すにはPT編成から考えてやる必要がありそうです。なのでこれからは各職の育成と引退によるレベル上限の引き上げなど、地道なプレイが多くなって来そうです。なので次回以降の世界樹ネタは結構間が空くかもしれませんが、ご了承くださいませませ。

今のおすすめ

  • なんかないかなー

さんぱら別館

無料ブログはココログ