« 世界樹2:全滅全滅全滅 | トップページ | さーて今年の阪神は? »

世界樹2:世界樹の頂き・・・の一歩手前

遂に到達した30F。27-29Fのあまりの意地悪さに、矢でも鉄砲でも持ってこいやごるぁな気分で昇っては来ましたが、ここは何というかあまりひねりはない模様。FOEや隠し通路にばかり神経を尖らせ、地図を描くことに集中しながら全滅すること数回(ぉぃ で、ようやく気づいたことが、通常のザコエンカウントがない。どうやら扉を通った時にだけザコ最強の青い恐竜+その他1,2匹という組み合わせで戦闘が発生する仕組みでした。便宜上ザコ最強とは言いましたが、酷いスキルを持っているわけではなくただHPが多いだけで、3ターンあれば間違いなく倒せるというそんなレベルの敵なので全く脅威ではなく、それに気づいてからは精神的にも楽になり、FOE10匹以上に囲まれるところも数回の挑戦で抜ける道筋を発見し、さぁ次はどんな仕掛けだ、と最終階を舐めてかかったその時、奴は現われました・・・・・・。
その名はディノゲーター
あぁ、地図後半は違うのも出てくるんだ、と先の恐竜と同じように対応すると、彼の甘噛みでまずメディ子が死亡。ダメは軽くHPの倍。ザコにしてはえらく強烈な一発だなぁと思っている間にパラ子がガードしていたムチ子にも瀕死のダメージ、え?と思ったときにはパラ子と2撃目をもらったムチ子、ドク子がやられてました・・・。何がなんだかわからないうちにガン子だけになったPTに気が動転し、逃げられないことを知っていたはずなのに逃げるを選択、簡単に全滅。まさにポルナレフになった気分。あんな即死クラスの攻撃の連撃なんていうのは3竜やそれこそ真ボスが行ってくる行動なので、ザコ扱いの敵がやってきたことに理解するのに時間が掛かってしまいました。
後でwikiで確認したところによると、この鰐はこの扉後の戦闘で低確率で出現し、やはりというか3竜クラスの力をもったザコのようです。
これでこの迷宮の恐ろしさを再確認し、この鰐に会わないように願いながら挑戦すること数度、ようやく真ボスの間まで到達できました。
そしてご対面の真ボス始原の幼子(反転で表示)。ここまでの竜との戦闘、前作最下層ボスの強さからある程度予想はついていましたが、やはり3ターンと持ちませんでした。

これらの超強力ボスどもを倒すにはPT編成から考えてやる必要がありそうです。なのでこれからは各職の育成と引退によるレベル上限の引き上げなど、地道なプレイが多くなって来そうです。なので次回以降の世界樹ネタは結構間が空くかもしれませんが、ご了承くださいませませ。

« 世界樹2:全滅全滅全滅 | トップページ | さーて今年の阪神は? »

コメント

こうしてまた一人の幼女が樹の養分になりました。
・・・逃げられないのがきっついですね。

今回は引退仕様に合わせてか、竜なんかも強化されてますねえ。
ギルドの構成に合わせて戦闘方法を考えるのも楽しいんで、各職一人ずつ作って使い心地を試してみるのもおすすめでございますー
体感的にカスメとアルケが恐ろしい子・・・!

今回ザコの経験値が押さえめなのか、6層に新人連れて行っても思ったほどLvが上がらなかった・・・

てことでジャガーノートが大量に刈られていますw
とりあえず飽きるまでギルド全員のLvあげしてきますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界樹2:全滅全滅全滅 | トップページ | さーて今年の阪神は? »

今のおすすめ

  • なんかないかなー

さんぱら別館

無料ブログはココログ